斗真要拍電影了呢!!

不過我覺得  他就以演員在這裡發展也不錯呢!!



生田斗真「人間失格」…太宰代表作で映画初主演

今年生誕100周年を迎える作家・太宰治の人気小説「人間失格」が、ジャニーズ事務所の俳優・
生田斗真(24)の主演で映画化される。累計1000万部を超えるベストセラーだが、映画化はこれが初めて。
生田も映画初出演となる。03年に話題となった「赤目四十八瀧心中未遂」の荒戸源次郎監督(62)
がメガホンを執り、7月クランクイン、来年初春の公開を目指す。

 生田が演じるのは、鋭敏な自意識から他人になじめず、酒や女におぼれ、破滅の道をたどっていく主人公の大庭葉蔵。
映画初主演にして大役に挑むが「太宰治の世界、人間失格の世界に染まりたいと思います。
最後には廃人同然になってしまう主人公を繊細に丁寧に破滅的に演じたいと思っています」と意気込んでいる。

 太宰が自殺する直前の48年に完成した「人間失格」は、主人公・葉蔵の手記という形式でつづられた長編小説。
日本近代文学を代表する作品として長く読み継がれ、出版累計は1000万部を超える国民的ベストセラーとなっている。
猪瀬直樹氏の著書を原作とした映画「ピカレスク 人間失格」(主演・河村隆一)が02年に公開されたが、
「人間失格」自体の映画化は今回が初めて。

 96年にジャニーズ入りした生田は、昨年のドラマ「魔王」で嵐の大野智(28)とダブル主演。
現在放送中のフジテレビ系ドラマ「魔女裁判」で単独初主演している。映画は未経験だが、生田の抜てきについて、
角川映画の井上文雄プロデューサーは「端正な風貌(ふうぼう)と品格、
ナイーブさを持ちえた主人公のイメージを意識してのキャスティングです。
実力、人気を兼ね備えた生田さんに期待しています」と話している。

 撮影は7月にクランクインし、8月に終了予定。公開は来年の春に予定しているという。

太宰治「人間失格」生田斗真で初の映画化
5月13日7時52分配信 サンケイスポーツ

 俳優、生田斗真(24)が来春公開予定の映画「人間失格」(荒戸源次郎監督)に主演することが12日、
分かった。昭和を代表する作家、太宰治の生誕100年を記念して代表作の初めての映画化が決定。
映画初出演にして太宰ワールドに挑む生田は「太宰治の世界、人間失格の世界に染まりたい」。文芸大作で新境地を築く。

 今冬のフジテレビ系月9ドラマ「ヴォイス~命なき者の声~」から現在放送中の同局系「魔女裁判」主演と、
今年に入りテレビでは快進撃が続く生田。
ジャニーズ事務所所属で芸歴は10年以上になるが、いよいよ銀幕の世界に進出する。

 太宰が自殺した1948年に発表され、太宰作品でも最高傑作と称される「人間失格」。
出版累計1000万部の青春文学の名作だが、映画化もドラマ化もされてこなかった。
生田は「とても名誉に感じています」と意気込んでいる。

 都会的でさわやかなイケメンの印象が強いが、酒や女に溺れていく主人公・大庭葉蔵役は“新境地”の役柄。
女性と心中未遂を繰り返した太宰の実生活を投影した自叙伝的作品と位置づけられており、「太宰=葉蔵=生田」といえそう。

 生田も「人とは違う感性を持ち、退廃的な生活を送り最後には廃人同然となってしまう主人公を繊細に
丁寧に破滅的に演じたい」と意欲満々。同作の井上文雄プロデューサーは「端正な容姿と品格、
ナイーブさを持ち備えた主人公のイメージを意識してのキャスティング」と話す。

 製作総指揮を務める角川グループ総帥の角川歴彦氏(65)は
「映像化の困難さから、誰も手を挙げることなく今日に至っていた。文学映画の大作として世に送り出すことができ、
喜びにたえない」と鼻息が荒い。

 7月クランクイン、来春の公開を目指す。
今年は生誕100年で太宰作品3作が公開予定と“太宰映画ブーム”到来の感があるが、
角川氏は「角川映画が総力を挙げて取り組む」と宣言する力の入れよう。太宰映画の決定版となりそうだ。

生田斗真 太宰代表作「人間失格」で熱演誓う
5月13日7時13分配信 スポーツニッポン

 生誕100年を迎える太宰治の代表作「人間失格」が映画化される。
主演は生田斗真(24)で、これが銀幕デビュー作。
「赤目四十八瀧心中未遂」で03年毎日映画コンクール日本映画大賞などを受賞した荒戸源次郎監督がメガホンを取る。

 7月に撮影に入り、8月にクランクアップ。来年初春の公開を目指す。

 「人間失格」は、自殺した太宰の遺書的な自伝と見られている。
映画では主人公の手記の形で、転落していく人生を振り返る。
井上文雄プロデューサーは「端正な風ぼうと品格、ナイーブさを持ちえた主人公のイメージを意識してのキャスティング」
と説明。生田は「太宰治の世界、人間失格の世界に染まりたい。
人とは違う感性を持ち、酒や女におぼれ、退廃的な生活を送り最後には廃人同然となってしまう主人公を繊細
に丁寧に破滅的に演じたいと思っています」と抱負を語っている。

創作者介紹
創作者 narumihuang 的頭像
narumihuang

☆星をめざして--NARUMI的小窩☆

narumihuang 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()